インフォメーション

2018-06-05

アメリカ最大の家具見本市「High Point Market」を視察致しました

今年もサァラ麻布では、4月に開催された「High Point Market(IHFC)」を視察してまいりました。
今回は特に数多くの新作の発表で注目を集めているCENTURY社のHigh Point Showroomをメインに視察の内容をご紹介いたします。

◇ CENTURY  High Point Showroom
センチュリーは今年からHigh Point会場でも高級家具メーカーが集まる大型施設「200steele」に、ホワイトをメインカラーとして用いた開放的なショールームをオープンしました。
100脚近いチェアやソファなどの商品が揃うアップホルスタリー、チェストやローボードの扉や脚部のデザイン、取手金具などをセレクトしてオーダーできる「Details(ディテールズ)」Collection(写真※1)などの新作を精力的に発表しておりました。


センチュリーハイポイントショールーム
ホワイトの生地に鮮やかなブルーがアクセントとして使用されておりました。


センチュリー 新作パーソナルチェア


センチュリー 新作ダイニングチェア

アップホルスタリーのアイテムは定番品に比べコンパクト。デザインはシンプルでありながらアームや脚部にクラシックな雰囲気を残したセンチュリーらしい仕上がりとなっておりました。
また今回は米国の人気デザイナーであるトーマス・オブライエンによるアウトドア家具(写真※2)がインドア家具に続き登場。アンティーク家具からエッセンスを得たデザインとダークグリーンのフレームはユーモラスでありながら洗練された作品となっておりました。アウトドアに限らずサンルームや御玄関の家具としても是非取り入れて頂きたいと思います。


※1 センチュリー Details(ディテールズ)Collection サイドボード


※2 トーマス・オブライエン ガーデンチェア

◇ 買付の新作家具、インテリア・アクセサリーについて
この度買付した新作家具、インテリア・アクセサリーは、現地メーカーでの生産及び輸入諸手続きを経て、今秋入荷し、サァラ麻布ショールームにて9月に開催予定の「新作発表及びインテリア・アクセサリーフェア」にて紹介させていただく予定となっております。

◇ 「High Point Market」について
アメリカ・ノースカロライナ州ハイポント周辺は、アメリカでも家具産業の集積地として有名です。マーケットの歴史も古く、第1回開催は1909年にさかのぼり100年以上の歴史のある家具見本市です。
展示製品は、家具及びインテリア・アクセサリー、ホームテキスタイル、カーペット、照明など「Home Furnishing(家庭用の家具・インテリア全般)」に特化しており、毎年春(4月)と秋(10月)に開催されます。
その規模は、ハイポイントに点在する2千社以上のインテリアメーカーが180ヶ所にも及ぶショールームビルを会場として出店しており、国内外から7万5千人もの家具バイヤーなどの関係者が来場するという、まさにアメリカ最大の家具見本市です。

インフォメーションの一覧へ戻る